柑橘系果物からのビタミンCは夜がベター?!


StartFragmentみなさん こんにちは♪ 今日はビタミンC の正しい摂取や使い方について考えましょう! ■コラーゲンとビタミンCは密接な関係 ビタミンCが不足すると体内でコラーゲン合成がうまくできません。 せっかく摂取したコラーゲンも体内コラーゲンにならないのです。 その他の効能は、鉄の吸収を高め、抗ストレス作用を持つ副腎皮質ホルモンの合成も促進します。 抗酸化作用があり、しみのもとであるメラニン色素の合成を抑えます。 ですので心がけてビタミンCは摂取しましょう! ■え?!柑橘果物からのビタミンCは・・外出前の朝より夜の摂取がベター 生の柑橘系果物からビタミンCを外出前の朝取ると 紫外線対策には逆効果になってしまうことも・・。それは・・ 柑橘系の果物に含まれている『ソラレン』という栄養素が、紫外線を吸収しやすくしてしまうみたいです。 シミの原因となる「ソラレン」光毒性物質があり、紫外線の感受性を高めるそう。 朝に柑橘系の果物をたくさん食べて、外出し紫外線を浴びるとシミになりやすいようです。 柑橘系の果物の多量摂取は、日差しの強い日中は食べるのを避けたほうが良さそうです。 *朝のスムージーなどは酵素たっぷりお肌にも身体にもいいので、 柑橘系以外の果物や野菜と合わせて摂取しましょう♪ 例えば、イチゴ・ブドウ・りんご・バナナ・梨・レタス・小松菜・ほうれん草・水菜・チンゲンサイなどなど♪ ビタミンC の多い果物          ビタミンCの多い野菜 1位 アセロラ 100g中1700mg    赤ピーマン  100g中 170mg 2位 グアバ  100g中 220mg  パセリ      100g中 120mg 3位 レモン  100g中  100mg  ピーマン    100g中 76mg 4位 柿    100g中  70mg   モロヘイヤ  100g中 65mg 5位 キウィ  100g中  69mg     ブロッコリー  100g中 54mg 正しい知識ビタミンCを効果的にとりましょう♪EndFragment

Featured Posts
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2023 by The Health Spa. (著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

  • s-facebook
  • Twitter Metallic