Be Dietさんに今月のコラムUPです♪


カフェインで脂肪燃焼できる?
頑張っても「痩せない」理由は!!??

今回はカフェインと脂肪燃焼について考えましょう♪ 「カフェイン」とは烏龍茶、コーヒー、チョコレート、紅茶、緑茶、眠気覚ましのドリンクや栄養ドリンクに含まれる成分で、興奮作用、利尿作用などがあるといわれています。

あなたのカフェインの摂り方は大丈夫?

「脂肪燃焼に働きかける」と言われるカフェインですが、「痩せない」とダイエット相談にいらっしゃるお客様の多くはカフェインを多く摂っていたり、水の摂取が少ないことがほとんど!! カフェインで、交感神経が刺激される(=交感神経が優位になる)と、体中の毛細血管が収縮します。 そうすると利尿作用は促進します。 排出された尿量により一時的に体重は減りますが、その時だけです。 ですので、カフェインでどんどん脂肪が燃焼するわけではなく、実際は運動量や食生活が重要で、カフェインの興奮作用を、促進剤として1日1杯~2杯は良いでしょう。 カフェインに利尿作用があるります。水分が不足してくると、脂肪燃焼の妨げになってしまうのです。 脂肪が燃焼するときには、加水分解といって水が必要です。 水は栄養素を細胞に運び、使い終わったものを回収する血液の重要な要素。燃焼したい脂肪の運搬もしているので、水分不足は脂肪燃焼の妨げになります!! 睡眠不足の時、目の周りがショボショボする、頭がスッキリしない、

便秘、ふくらはぎがだるい・・ これらは、脳の酸欠状態によって起こるとも言われています。 水は酸素の運搬にも関わるので、特に睡眠不足の状態で、カフェインを重ね過ぎるのは、 ダイエット以前に身体を思えば考えものであることも加えさせてください。

ボディラインへの影響がリアル

カフェインの摂取に偏っている人から、「気になる部分が減らない」という声をよく耳にします。 特に、腕、ももや膝下、腰周りなど・・ ここで考えられる理由の一つに、冷えがあげられます。 「カフェインは身体を冷やす」 カフェインで血管が収縮することが、冷えの原因になります。 身体の中が冷えることで胃腸の調子が崩れ、むくみも出ます。 カフェインで「太る」ことはないのですが、このようなむくみなどを「太った」と捉えがちです。 ふくらはぎの血色が悪く、筋肉がパンパンに張って重く感じる人は、身体が冷えてしまっているのです。 1日カフェイン飲料は1~2杯、それ以上はノンカフェインの飲料を取るようにしましょう♪

http://www.bediet.jp/specialist/33/7540

プロフィール

プライベートサロン シャンディ麻布 代表・公認ファスティングカウンセラー

MIKIみき

女性にとって美への追求は永遠のテーマ。 効果・結果にならないつらいダイエットを繰り返していませんか? 大事なのは内からの体質改善です。リバウンドしにくい身体を手に入れましょう。シャンディ麻布は本気のあなたをサポートします。 サロンホームページ ( http://www.shandy-azabu.com )

Featured Posts
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2023 by The Health Spa. (著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

  • s-facebook
  • Twitter Metallic